本文へ移動

災害への備え

DDKでは地震や台風などの大規模災害に備えており、国土交通省より「災害時建設業事業継続力」の認定を受けています。 
   

事業継続計画の策定趣旨

事業継続計画の策定趣旨 本計画は、自然災害、事故等で当社の社員、社屋、設備、施工中の現場、協力会社などに相当規模の被害を受けても、その拡大を防ぎ、重要となる中核事業の継続、あるいは早期復旧を可能とするため、全社的・経営的な判断の下に策定するものである。
 地域において災害、事故等が発生した場合、できる限り地域の救助、復旧活動に協力し、貢献するべきと考える。
 さらに社員や家族、関係先各位のためにも、当社が被害を受けても、極力経営を存続する努力を行うべきである。
 このために、本計画を策定し、継続的に改善していくことで当社の事業継続力を高め、常に災害発生のリスクに備えたマネジメントに取り組んでいく。

基本方針

  1. 社員、来訪者等の生命、身体の安全確保を最優先とする。
    災害・事故発生時においては、来訪者、当社の社員や関係者の生命・身体の安全確保を第一とする。
  2. 二次災害発生を防止する。
    施工中の現場、機材置場、社屋などについて、倒壊、火災発生などを防止するための行動を適切・迅速に実施する。
  3. 得意先・顧客における損害の復旧及び復興支援を行う。
    得意先が災害、事故による被害を受けた場合、当社としてできる限りの対応を行う。
  4. 地域の通信工事会社として、救助、復旧活動に尽力する。
    地域が受けた通信・電気設備の被害において、当社において対応できるものは支援・協力を惜しまない。
   

認定書

TOPへ戻る